糖尿病ウォッチTOP > 糖尿病の治療について > 糖尿病治療のためのインスリン...知らなかったでは済まされない注意点

糖尿病治療のためのインスリン...知らなかったでは済まされない注意点

糖尿病治療で使われるインスリンには、どんな注意点があるのでしょうか?
命綱とも言えるインスリン、その保管及び使用上の注意点を解説していきます。

インスリン保管上の注意点

まず、注意点としてはインスリンは夏冬の保管に気を付けましょう。

特に夏場、最近の節電ブームでエアコンを使わない場合、例え室内でも異常高温になることも。
もちろん、夏場は車内に放置しない、屋外にずっといなければならない時はお弁当を持って歩いているつもりで、保冷剤と一緒に持ち歩くようにしましょう。

最近では、100均などでランチバッグ(内側がアルミコーティングされているもの)もあるので、そうしたものを利用してもOK。

かといって、凍結するような寒冷地も注意しなければいけません。
一度でも凍結すると二度と使えませんから。

また、同居のご家族に小さなお子さんがいる場合は、特に保管場所に気を付けてください。

インスリン使用上の注意点

インスリンを使っていく上では、まず賞味期限ならぬ「使用期限」に注意し、先入れ先出しを心がけてください。

また、災害対策的な意味合いからも、あまりインスリンの残量が少なくなりすぎないよう、かかりつけのお医者さんと相談しながら、適切な備蓄量も心がけることが大切です。

もしも大きな震災などが起こると、流通も滞ります。
薬を手に入れらない期間を想定し、準備していきましょう。

また、インスリンで血糖コントロールをしているときには低血糖に注意が必要です。
手の震えや発汗、動悸、吐き気やめまい、脱力感を少しでも感じたらお医者さん、薬剤師さんの指導に従って適切な処置をしてください。

糖尿病治療のためのインスリン...知らなかったでは済まされない注意点に関連するコンテンツ一覧

  1. 不安の多いインスリン治療...こんな症状はインスリンアレルギーかも!?
  2. 不安の多いインスリン治療...こんな症状が出たらインスリンの副作用かも!?
  3. 糖尿病治療のためのインスリン...知らなかったでは済まされない注意点
  4. インスリンの種類とそれぞれの特徴・効き目の違い
  5. ほっておいたら命にかかわる恐い病気 糖尿病...その治療方法はあるの?

糖尿病向けサプリメント

食事制限が必要な方

血糖値が気になる方向け

コレステロールが気になる方向け

血圧が気になる方向け

糖尿病を自宅で検査

前兆を知る

糖尿病を予防する

糖尿病の種類

糖尿病の怖い合併症

糖尿病の治療について