糖尿病ウォッチTOP > 糖尿病の治療について > インスリンの種類とそれぞれの特徴・効き目の違い

インスリンの種類とそれぞれの特徴・効き目の違い

インスリンには実は色々な種類があり、それぞれに特徴や効き目の違いがあるのはあまり知られていません。
そんなインスリンの種類による違いについて解説しています。

インスリン製剤を種類に分けるとき、その効果時間によって分けられています。
以下に、速い順からご紹介していきます。

超速攻型&速攻型

少し前までは、速攻型が一番速く効き目をあらわすタイプでしたが、その後、グッと速い超速攻型が登場しました。

超速攻型はインスリンの効果が最も速く、10~20分ほどで効き始め、その後1時間~3時間で効果がピークとなり、持続時間は5時間以内。

速攻型は注射後30分ほどで効果が現れ、ピークは超速攻型と同じ1~3時間、持続は5~7、8時間です。

中間型

中間型は、速攻型よりも効果時間が長くなるのが特徴。

注射後1時間半程度で効き始め、ピークは4~12時間、18~24時間の間効果が続きます。

混合型

混合型の製剤は、読んで字のごとく、実際に速攻型と中間型をあらかじめ混合しているインスリン製剤です。

混合の比率が違う5種類の製剤が作られており、注射後効果が現れてくる時間や持続時間も、その配合比率によってまちまちです。

一番速いものなら10分、15分で効果が現れ、また持続時間が長ければ24時間持続します。

持効型

こちらは注射後1、2時間で効果が出始め、前述のインスリンとは違って特にピークがなく、ほぼ一定の効果をあらわします。

作用時間は24時間ほど。

こうした種類による特徴と、患者さん一人一人の病状を見極めた上でインスリンが処方されます。

これらの薬には同じ種類の中でも複数の製剤がありますので、効果時間や持続時間には多少の違いがあります。

インスリンの種類とそれぞれの特徴・効き目の違いに関連するコンテンツ一覧

  1. 不安の多いインスリン治療...こんな症状はインスリンアレルギーかも!?
  2. 不安の多いインスリン治療...こんな症状が出たらインスリンの副作用かも!?
  3. 糖尿病治療のためのインスリン...知らなかったでは済まされない注意点
  4. インスリンの種類とそれぞれの特徴・効き目の違い
  5. ほっておいたら命にかかわる恐い病気 糖尿病...その治療方法はあるの?

糖尿病向けサプリメント

食事制限が必要な方

血糖値が気になる方向け

コレステロールが気になる方向け

血圧が気になる方向け

糖尿病を自宅で検査

前兆を知る

糖尿病を予防する

糖尿病の種類

糖尿病の怖い合併症

糖尿病の治療について